今では頼れるバルサの守護神に テア・シュテーゲン「人として成熟した」

バルセロナの守護神テア・シュテーゲン photo/Getty Images

ドイツ期待のGKが着実に成長

バルセロナに所属するGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンといえば、ドイツ代表でマヌエル・ノイアーの後継者候補に挙げられる存在だ。まだ25歳とGKにしては若く、数年前から期待されていた逸材でもある。しかし、期待を背負って加入したバルセロナでのパフォーマンスは決して世界トップレベルとは言えないものだった。

フィードの精度などは高かったが、シュートストップの部分や凡ミスなどGKとして許されないプレイも目についた。しかし、今のテア・シュテーゲンはそんな以前の姿を感じさせない頼れる守護神となっている。

テア・シュテーゲンはUEFA公式サイトに対し、「僕は人として成熟した。この3年間は色々なことがあった。今はここで4シーズン目が始まっていて、僕はこれまで信じられないほどハッピーだ。僕はここでキャリアを続けられることに満足している。それが僕の求めているものだからね」とコメントしており、バルセロナで人としても成長した手応えを感じているようだ。

今ではクラウディオ・ブラーボとローテーションしていた時の姿はなく、誰もが認めるバルセロナの守護神だ。25歳という年齢を考えるとまだまだ伸びるだろう。今季バルセロナはリーグ戦で失点をわずか3点のみに抑えているが、これにもテア・シュテーゲンが大きく貢献しているのは間違いない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ