インテル長友、改めてミラノダービー振り返る「大学時代に太鼓を叩いていた自分が……」

ミラノダービーでフル出場を果たした長友 photo/Getty Images

「人生何があるか分からない」

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは15日、セリエA第8節でACミランと対戦した。

白熱した今季初のミラノダービーは、計5発が飛び交う接戦に。28分にマウロ・イカルディのゴールで先制し、前半を1点リードして折り返したインテルだが、56分にミランFWスソにミドルシュートを決められ、追いつかれる。その後、両チームが1点ずつを加え、ドローでホイッスルを迎えるかと思われたが、試合終了間際に得たPKをイカルディが冷静に決め勝負あり。ハットトリックを達成したイカルディの活躍で、インテルが3-2でミランを退けている。この結果、インテルは単独2位へ浮上した。

8万人近いサポーターがサン・シーロへ足を運んだこの伝統の一戦で、長友はインテルの左SBとしてフル出場。試合翌日の16日に自身のTwitterを更新し、「ミラノダービーの雰囲気最高やった」と綴った。さらに「改めて日本人としてこの舞台に立ててることに誇りを感じる。10年前、大学で試合に出られず、スタンドで太鼓を叩いていた自分に、お前将来インテルに行って、ミラノダービーに出場するって言われても信じなかっただろうな。笑 人生何があるか分からない」と心境も明かしている。

世界屈指のダービーで、一流プレイヤーらと肩を並べてプレイする長友。今後のさらなる活躍に期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ