“ハメスのセクシーすぎる愛人” 大胆谷間ショット公開

多くの男性ファンを持つ photo/本人Instagramより

間接的なラブコールは続く

ロシア人でありながら、彼女がその甘い視線を向けるのはいつもコロンビア代表の命運だ。

長い年月を経たところで、ヘルガ・ラブゲティさんによる南米強豪国に対する深い愛情と、同国のメディアスターを虜にする抜群のボディーラインには一切の陰りがない。一部メディアによって、ハメス・ロドリゲスとその元妻ダニエラ・オスピナさんを破局へ追い込んだ元凶と報じられ、“ハメスの愛人”などと謳われたこのセクシーモデルが、自身のInstagramアカウント上でコロンビア代表によるロシアW杯出場権の確保を祝福。もちろんそれは世界中で行われているような単なる“祝いの投稿”ではなく、溢れんばかりの色気と大胆な谷間をフレームインさせたお馴染みの“ラブゲティ流”セレブレーションである。「巨大な胸が写真を覆っている」「ハメスは何をモタモタしているんだ」「腕は細くカラダはスリムなのに、胸だけが大きい」といった反響が寄せられ、相も変わらずInstagramにおける影響力は絶大だ。

photo/本人Instagramより

彼女を古くから知るファンにとって、この祝いのメッセージがバイエルン・ミュンヘンの11番に向けて贈られたものだということは暗黙の了解であり、地理上は多くの隔たりが存在するものの、ロシアとコロンビアによる夢の競演がもはやカウントダウンに突入したことは容易に想像できるだろう。

時に彼女のSNSにはハメスのファンとおぼしきユーザーらによる口撃シーンが垣間見られるものの、大胆な脱ぎっぷりで知られる“ラブゲティ流ツイート”に一切の滞りを求めていない熱心な男性サポーターたちは、その多くが彼女のソーシャル活動を支持。国境を越えてバラまかれる露出度MAXのセクシーショットに半ば妄信的な“イイね”を献上し続けている。

果たしてヘルガ・ラブゲティさんとハメス・ロドリゲスが教会を背景にオフィシャルな愛を誓う日は来るのだろうか。いずれにせよ、後者のモテ男は今、完全にフリーであり、新たな伴侶を求めていても不思議ではないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ