マンCのスターリング、今夏のアーセナル移籍は「1分たりとも検討しなかった」

シティで活躍するスターリング photo/Getty Images

「突然その報道を知った」とも明かす

イングランドのマンチェスター・シティでプレイする同国代表FWラヒーム・スターリングが、今夏に噂されたアーセナルからの関心について語っている。

チリ代表FWアレクシス・サンチェスのシティ加入が間近に迫っていたアーセナルは、夏のマーケット締め切り最終日にスターリングを自軍のスカッドに加えるのではないかと報じられていた。22歳のイングランド代表アタッカーの確保に向けてアーセナルが用意した金額は6000万ポンドとされたが、ペップ・グアルディオラ監督はこのオファーを拒絶。スターリング自身もガナーズからの誘いは寝耳に水だったようだ。英『The Guardian』が夏を振り返る同選手のコメントを伝えた。

「僕がその件に関してペップと話す必要なんて全く無かったよ。なぜならプレシーズンマッチに関して、すでに監督とは何度も夏に会話していたんだからね。アーセナルからの関心について特にネガティブな感情や悪印象は無かったよ。ある日、目が覚めて突然その報道を知ったけど、監督から直接説明を受けるまでは何も信じなかった」

スターリングとペップの間にはすでに確固たる信頼関係が存在する。

「ペップは誠実な男だから僕は何も心配しなかったし、もしそのような計画があるなら事前に僕に伝えてくれるはずだよ。アーセナル行きを検討することは全くなかった。1分たりともね」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ