今のエヴァートンはファン・ハール体制のマンUのよう 苦しいチームに厳しい指摘

エヴァートンに復帰したルーニー photo/Getty Images

今夏の大型補強がヒットせず

今夏積極的な補強に動いたエヴァートンが苦しんでいる。エヴァートンは昨季プレミアリーグで7位に入り、今季はトップ6を脅かす存在になるとまで言われてきた。今夏の補強を見ればそう考えるのも自然なことだろう。

ところが今季は開幕から勝てない試合が続き、現在は2勝2分4敗でまさかの16位だ。トップ6を脅かすどころか降格圏も見える順位にまで沈んでいる。FWロメル・ルカクが退団したものの、サポーターもここまで落ち込むとは予想していなかっただろう。

そんなエヴァートンに厳しい指摘をしているのが元アーセナルDFマーティン・キーオン氏だ。

同氏は「エヴァートンの選手たちには自信がない。動きもなく、置物のようだ。まるでファン・ハール体制のユナイテッドを見ているようだよ。個人的にはシグルズソンとルーニーを同時起用するのはアンバランスだと思うね」とコメントしており、今夏の補強の目玉でもあったギルフィ・シグルズソンン、復帰させたウェイン・ルーニーの同時起用にも疑問を抱いているようだ。

ルーニーとシグルズソンの加入もあって中盤でボールを落ち着かせることはできるが、ルカクが退団したことで縦への推進力は欠けてしまった。ファン・ハール政権時のマンUはポゼッションしているだけで進展のないチームとも言われたが、同氏は同じようなものを感じ取っているようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.248 Season Review2019/20 欧州は今季も前進!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ