直近3試合勝ちなしのリヴァプールに朗報 “絶対的司令塔”の復帰が間近に

カタールでリハビリに励んでいるララーナ(手前) photo/Getty Images

低迷から脱することができるのか

今季のプレミアリーグ第8節終了時点で、3勝4分1敗の8位に留まっているリヴァプール。14日に行われた第8節では同リーグ2位の得点数を誇るマンチェスター・ユナイテッドを相手に無失点を記録したものの、自陣深くでブロックを敷く相手に攻め倦むなど、勝ちきれない試合が続いている。

こうした状況のなか、大腿部の負傷で戦列を離れていたMFアダム・ララーナの復帰時期が英『THE Sun』で明らかに。カタールで行われたリハビリが順調に進み、来月25日に行われる同リーグ第13節(チェルシー戦)に出場できる可能性が高まったという見解が同紙で示された。

前述のマンチェスター・ユナイテッド戦ではフィリペ・コウチーニョがアンデル・エレーラの密着マークに遭い、敵陣でのパスワークに苦慮したリヴァプール。ララーナの復帰が実現すればコウチーニョへのマークが分散され、攻撃力の増強が見込めるだろう。同クラブが誇る絶対的司令塔の復帰時期に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ