[日本人選手まとめ]堂安、執念のPKゲットで勝ち点奪取に貢献 本田圭佑による惜しいFKも

チームメイトと抱き合う堂安(中央) photo/Getty Images

エイバルの乾貴士はベンチ外

15日、海外でプレイする日本人選手の所属クラブが各地で試合を行った。

フローニンヘンに所属する堂安律は、エールディヴィジ第8節(AZ戦)に先発出場。53分に敵陣ペナルティエリア内でシュートを試みた同選手が相手DFに倒されてPKを獲得すると、このPKをミモウン・マヒが決め、1-1の同点に追いついた。試合はこのまま終了し、堂安がフローニンヘンの勝ち点獲得に貢献している。

メキシコではパチューカ所属の本田圭佑がリーガMX第13節(モンテレイ戦)にフル出場。惜しくも0-2で敗れたものの、28分にはゴール正面約25mの距離から相手GKを脅かすフリーキックを放つなど、存在感を発揮している。

所変わってイタリアではインテルに所属する長友佑都がミラノダービー(セリエA第8節/ミラン戦)に先発出場。得点やアシストこそなかったものの、今季の行方を占う重要な一戦でフル出場を果たし、レギュラー確保にむけて存在感を示した。

その他、同日に出場した日本人選手の詳細は以下の通り。なお、エイバル(リーガ・エスパニョーラ)に所属する乾貴士は同リーグ第8節デポルティボ戦でベンチ外となっている。



【プレミアリーグ第8節】

・吉田麻也(サウサンプトン/フル出場)

サウサンプトン 2-2 ニューカッスル


【リーグ・アン第9節】

・酒井宏樹(マルセイユ/85分に途中交代)

ストラスブール 3-3 マルセイユ

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ