伊藤のドリブルにスタジアムが沸く! マインツ戦でも20歳の日本人アタッカーが躍動

ドリブルを仕掛ける伊藤 photo/Getty Images

左サイドからチャンスを演出

14日、ブンデスリーガ第8節でマインツとハンブルガーSVが対戦した。マインツにはFW武藤嘉紀、ハンブルガーにはDF酒井高徳とそれぞれ日本人選手が所属しているのだが、彼ら以上に注目を集めたのは前節のブレーメン戦で初の先発出場を飾ったハンブルガーMF伊藤達哉だ。

左サイドで先発した伊藤は前節同様にボールを持てば積極的に仕掛けてチャンスメイク。小柄な日本人アタッカーのスピード、小刻みなテクニックにサポーターも歓声を上げ、伊藤がボールを持つと独特な空気がスタジアムを包んだ。

41分には伊藤が左サイドを突破してからグラウンダーのクロスを入れると、これがファーサイドのハーンの下へ。ハーンは右足で強烈なシュートを放ったものの、これはバーを直撃した。得点にはならなかったが、伊藤のプレイがハンブルガーの攻撃に特別なリズムを与えていたのは間違いない。

しかし伊藤はブレーメン戦と同じく55分に足を引きずりながら途中交代。ブレーメン戦でも足をつっていただけに、90分間戦い抜くにはまだ身体的に不十分なところがあるのだろう。ブンデスリーガで確固たる地位を築くためには改善すべきポイントだ。

試合の方はマインツが前半2分に右サイドを崩してアレクサンドル・マキシムの得点であっさり先制。9分にはハンブルガーのウォレスに同点ゴールを許したものの、後半に入るとステファン・ベルがヘディングシュートを決めてマインツが勝ち越し。その6分後にはダニー・ラッツァが追加点を挙げて突き放している。

マインツは68分にベンチスタートだった武藤も出場。酒井とマッチアップする機会もあったが、得点とはならず。終盤にはビデオ判定からハンブルガーSVにPKが与えられ、これをサリホビッチが決めて1点差に。それでもマインツが逃げ切って3-2で勝利し、勝ち点3獲得に成功している。

[スタメン]

マインツ:アドラー、ベル、ディアロ、ドナーティ、グバミン、ラッツァ、ウツトゥナリ(→コドロ 87)、ブロシンスキ、クアイソン(→武藤 68)、デ・ブラシス、A・マキシム(→セルダル 61)

ハンブルガー:マテニア、マフライ、ユンク、酒井高、ディークマイアー、ハント、ウォレス(→シッポロック 66)、エクダル、伊藤(→コスティッチ 55)、ハーン、ウッド(→サリホビッチ 79)

[スコア]

マインツ 3-2 ハンブルガーSV

[得点者]

マインツ:A・マキシム(2)、ベル(52)、ラッツァ(58)

ハンブルガーSV:ウォレス(9)、サリホビッチ(90)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ