V・ハール、弟子モウリーニョにチクリ「決して嫌な男ではないが、怒りを爆発させることも多い」

微笑ましい時間を共有していた2人の名将 photo/Getty Images

2016年は「疑心暗鬼になっていた」

ルイ・ファン・ハールの遺恨はまだ完全に解消されていない。そして、その矛先はいよいよ“スペシャルワン”へと容赦なく向けられている。

2014年夏にオランダ代表指揮官としてW杯を戦った名将は、大会終了直後に名門マンチェスター・ユナイテッドとサインし、2年間にわたってオールド・トラッフォードの特等席を堪能した。しかし、その治世は決して順風満帆なものとはならず、選手との対立も表面化。最後には愛弟子でもあるジョゼ・モウリーニョの就任によって、V・ハールは別れを強いられてしまう。

ディビッド・モイーズしかり、ユナイテッドを追われた人間は何故かその鬱憤を長きにわたって放出する傾向にあるが、オランダの老将も例外とはならなかった。英『Mirror』やオランダ『AD』が2016年の解任時を回想するV・ハールの言葉を伝えている。

「当然ながら、私は当時疑心暗鬼になっていた。モウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任するためにとった手段は全くエレガントなものではなかったね。そのせいで私はあのクラブを解雇されたんだ」

V・ハールとモウリーニョ。2人の個性派はかつてバルセロナで監督と補佐という関係性にあった。言うまでもなく、前者は後者の長所と短所を知り尽くしている。

「基本的にモウリーニョは決して嫌な男ではないし、私のアシスタント時代には思いやりのある人間だったよ。だが、怒りを爆発させることもすごく多い。自分でコントロールできなくなるんだよ」

師匠がわずか2年間の在籍に終わったのに対し、現在プレミアリーグの上位争いを楽しむモウリーニョは赤い悪魔からの長期契約を早くも用意されている。この直視せざるを得ない事実こそが、V・ハールの機嫌を斜めにさせている元凶なのかもしれない。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.226 [ポジション別ランキング]今、欧州の闘いを熱くする選手は誰だ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ