「セリエAならルカクは退場だった」 ロヴレンの顔面踏みつけ行為を伊メディアまで批判

マンUのルカク photo/Getty Images

故意だったのではとの意見が多く

少し故意の部分もあったか。14日のリヴァプール戦でのマンチェスター・ユナイテッドFWロメル・ルカクの行動に批判の声が挙がっている。

問題となったのは前半ロスタイムにリヴァプールDFデヤン・ロヴレンと接触したシーンだ。ロヴレンは倒れ込みながらボールを処理したのだが、ルカクの右足が倒れたロヴレンの顔付近にヒットしてしまった。SNS上では故意だったのではとの声も挙がっており、何のお咎めもなかったことに批判が出ている。

またこの試合でルカクはジョー・ゴメスも派手に倒しているが、イエローカードは出ていない。これも批判の理由となっているようだ。

伊『Calciomercato』もルカクの踏みつけ疑惑に注目しており、「もし同じことがイタリアで起こったなら、主審は確実にVARを使って判断を下すだろう。退場にすることもできる」と意見している。今季はセリエAでもビデオ判定が使用されており、こうした危険なプレイにも適用される。

審判がルカクの行為を見逃していたのはラッキーだったのか。ロヴレンとの接触が故意だったのか、議論となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ