マンU、ラツィオから“新たな巨人”の獲得へ

セルビアの次世代を担う存在として注目されているミリンコビッチ(左) photo/Getty Images

マティッチと“190cm越え”コンビの結成か

今季のプレミアリーグでスタートダッシュに成功したマンチェスター・ユナイテッド。今夏に加入したFWロメル・ルカクやMFネマニャ・マティッチが攻守両面でチームを牽引するなど、大型補強の成果が現れている。

同リーグ制覇にむけて前進するなか、同クラブが現ラツィオ所属MFセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(U-21セルビア代表)の獲得を検討していることが、伊『calciomercato』で明らかに。ラツィオで会長を務めるクラウディオ・ロティート氏が既に同クラブからの関心を認めたほか、同選手の獲得にむけておよそ8000万ユーロ(約105億円)の入札が必要であるという見解が併せて示された。

恵まれた体躯(身長192cm)を活かした対人守備や空中戦、及び精度の高いフリーキックに定評があるミリンコビッチ。2013年に行われたU-19欧州選手権のセルビア代表の優勝に貢献したほか、今季のセリエA第7節終了時点で4位につけているラツィオでレギュラーとして君臨するなど、着実に成長を遂げている。今やマンチェスター・ユナイテッドをはじめ複数のビッグクラブから熱視線を注がれている同選手だが、セルビア代表の先輩にあたるマティッチと中盤で共演し、身長190cm越えのコンビを結成する日はおとずれるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ