プレミアでは結果残せなかった点取り屋が完全復活 今欧州で最も得点が期待できるFWは

モナコでプレイするファルカオ photo/Getty Images

英紙も完全復活に驚き

今季はここまでユヴェントスFWパウロ・ディバラがセリエA7試合で10得点、バルセロナFWリオネル・メッシが7試合で11得点と驚異的な得点ペースで欧州を騒がせている。しかし、これ以上に快調に得点を重ねているのがモナコFWラダメル・ファルカオだ。

英『Daily Mirror』によると、ここまで12得点を記録しているファルカオは55分に1得点のペースでネットを揺らしている。これは欧州五大リーグで5得点以上挙げている選手の中では最も速いペースだ。それに続くのはディバラで56分に1得点、メッシが57分に1得点、ラツィオのチーロ・インモビーレが70分に1得点となっている。

同メディアはマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーで活躍できなかったことを例に挙げ、ファルカオの完全復活に驚いている。昨季もファルカオは好調を維持していたが、今季の活躍で完全にストライカーとして復活したように感じられる。

その他にも今季はニースFWマリオ・バロテッリが72分に1得点、マルセイユFWクリントン・ヌジエも72分に1得点となっており、リーグ・アンのFWが快調に飛ばしている。バロテッリはマンチェスター・シティ、ヌジエはトッテナムに所属していたこともあり、同メディアは元プレミアFWが好調を維持していることにも注目している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ