W杯出場を逃したチリ代表、“元マンC指揮官”が後任候補に

2013-2014シーズンにプレミア優勝を経験 photo/Getty Images

大手英紙が報道

10日に行われたロシアW杯南米予選の最終節で、ブラジル代表に0-3で敗れたチリ代表。同試合の結果によりチリ代表の最終順位が6位となり、同国代表の予選敗退が決定している。

フアン・アントニオ・ピッツィ監督の辞意表明により各メディアで新監督に関する情報が錯綜するなか、マヌエル・ペジェグリーニ監督(現.河北華夏)の就任が有力であることが英『THE Sun』で明らかに。同国のサッカー協会が同じチリ人の同監督の就任を望んでいるほか、同協会のアルトゥーロ・サラ会長が同監督との接触を開始したことが併せて報じられるなど、一連の噂の信憑性が高まっている。

ビジャレアル、レアル・マドリード、及びマラガにショートパス主体の攻撃的なサッカーを植えつけたほか、2013-2014シーズンに指揮したマンチェスター・シティでプレミアリーグ優勝を経験するなど、豊富な実績を有するペジェグリーニ監督。長きにわたりポゼッションサッカーを掲げてきたチリ代表との相性も抜群だが、自身の祖国からのラブコールに応えるのだろうか。引き続き動向に注目が集まる。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ