全治6週間では? 肋骨骨折のアグエロ、復帰が秒読み「土曜にプレイするかは様子を見る」

シティにとって不可欠な戦力だ photo/Getty Images

事故当時も回想

九死に一生を得た男は今、芝生の上にいる。28日にオランダのアムステルダムにおいて凄惨なタクシー事故に巻き込まれたマンチェスター・シティのタフガイが、早期復帰に向けての意欲を示した。

コンサートの帰路、彼が乗車していたタクシーは電柱へと激突し、セルヒオ・アグエロの肋骨は骨折。複数メディアによっておよそ6週間の離脱が報じられていたが、小さなピットブルは早くもチームのトレーニングに復帰を果たしている。

事故が起きた9月28日から現時点までに6週間の時間が経過したとは思えないが、アグエロは「土曜日にプレイするかどうかは様子を見る」と語り、すでに戦う準備を整えている様子だ。英『Mirror』は自身の容態について語るアグエロの言葉を伝えた。

「まず皆とプレイしてみて、その後に土曜日のことを決める。もちろんトレーニングと本番が異なるものだというのは分かっているけどね。まずは痛みが残っているかどうか、それを確認したい」

世界中のサポーターを驚かせた事故について、彼は次のように振り返っている。

「事故後、病院に運ばれた時はまず最初にチェルシー戦に間に合うかを医者に聞いた。『そんなのは無理だ』と言われたけどね。でも冷静に考えれば、今こうやって生きていられるのはちゃんとシートベルトを締めていたからだよ」

14日、シティは本拠地にストークを迎えるが、復帰を急ぐことだけは避けなければならない。いずれにせよ、アグエロが無事に快方へ向かっていることは何よりの朗報である。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ