モナコ副会長、レマル退団を示唆「彼にも移籍のチャンスを与えるべき」

市場の人気株レマル photo/Getty Images

来夏にも移籍か

リーグ・アンのモナコで副会長に就くバディム・バシリエフ氏がフランス代表MFトマ・レマルの去就について言及している。

キリアム・ムバッペやラダメル・ファルカオ、ベルナルド・シウバらと共に昨季のモナコ躍進を支えたレマルには、イングランドのアーセナルやリヴァプールを含む多くの名門クラブが獲得に執心していたものの、クラブは最後まで売却を拒否。ティムエ・バカヨコやムバッペ、メンディらの放出は許可していたモナコだったが、レマルの売却は“時間が許さなかった”ようだ。英『sky SPORTS』が今夏のマーケットを振り返るバシリエフ氏のコメントを伝えている。

「レマルはアーセナルへの移籍が合意寸前にまで進展していたが、細かな条件を話し合うだけの時間は残されていなかった。よって我々は交渉を完了させることができなかったのさ。個人的な感想を言わせてもらえば、レマルの残留によって安心させられたよ。モナコにおいてレマルのような選手は非常に重要な役割を担っているからね。今後のことで確かなことは何もないが、来夏にはまた何かが起こるだろう。今夏は何人かの選手がモナコを離れ、また何人かはここに残った。もちろんレマルにもそのチャンスが公平に与えられるべきだろう」

“安く仕入れ、高く売る”というモナコのスタンスは今後も変わらない。

「我々が近年のサッカー界で成功を収めることができたのは選手を上手く売却してきたからだ。然るべきタイミングがやってくれば、レマルを含む何名かに退団を許可するだろうね。なぜなら今後もクラブは成長していかなくてはならないからだよ」

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ