オランダは2014W杯から狂い始めていた!? 「V・ハールが変え始めたんだ。哲学失った」

苦戦するオランダ代表 photo/Getty Images

前回大会は3位に入ったが……

前回の2014ブラジルワールドカップでは3位に輝いたオランダ代表だが、今行われている2018ロシアワールドカップ欧州予選ではプレーオフ圏外の3位と苦戦している。EURO2016への出場も逃しており、ワールドカップにも出場できないとなれば悪夢だ。

世界を代表する強豪国の1つであるオランダが苦戦しているのは残念だが、これまでトッテナムやアヤックスなどで指揮を執ってきたオランダ人指揮官マルティン・ヨルは、ルイ・ファン・ハールがオランダ代表の指揮を執った時からチームが変わってしまったと嘆いている。

ファン・ハールは2014ブラジル大会でオランダを3位に導いたが、ヨルは戦い方がオランダらしくなかったと考えている。英『Daily Mail』によると、ヨルはオランダが哲学を失ったと語り、ファン・ハール政権からの問題点を指摘している。

「オランダは前回のワールドカップで3位に入ったが、クオリティはそれほど良くなかった。ファン・ハールがオランダのサッカーを変え始めたんだ。5バックにすることでね。より結果を重視した戦い方になってしまった。我々はアイデンティティを失ったんだ。我々の哲学は常に攻撃的なスタイルにあった。今それをすると、チームは大量に失点するだろうけどね」

「ファン・ハールの次はダニー・ブリントが務めたが、同じだ。なぜなら彼はファン・ハールの教え子だったのだから。そしてEURO出場を逃した。今の我々には違いを生む選手がいない。33歳のロッベンが唯一のスターだ。ワイナルドゥムはクラブで素晴らしいが、代表では無名だ。ストロートマンも良いが、スペシャルではない。ハリー・ケインのような選手が必要だよ。左足、右足、ヘディング、ケインはマシーンのようだ。こういう選手を必要としているんだ」

オランダといえば[4-3-3]を基本とした攻撃的なサッカーが主流だったが、マルティン・ヨルはそうした哲学がつぶれてしまったと考えているようだ。この哲学をもう1度取り戻すのはそう簡単ではないのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ