レアルはシュート27本で無得点…… ジダン監督「ボールがネットへ入るのを嫌がった」

試合後にコメントを残したジダン photo/Getty Images

「変わらなければならない」

スペインのレアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督が20日に開催されたリーガ・エスパニョーラ第5節のベティス戦を振り返っている。

国内リーグ4試合を戦い2勝2分とスロースタートを切っていたレアルは本拠地サンティアゴ・ベルナベウにベティスを迎えると、合計27本ものシュートを浴びせながら、豪華なアタッカー陣が相手ネットを揺らすには至らず、ロスタイムには逆に失点を許し、0-1の敗北。公式戦における連続得点記録も73で途絶え、スタジアムは多くの失望で埋め尽くされた。指揮官ジダンも当然ながらこの結果に満足することはできなかった様子だ。スペイン紙『MARCA』がベティス戦後のフランス人監督の言葉を伝えている。

「今日の我々には多くのゴールを入れるチャンスがあったが、ホームだというのにボールがネットへ入るのを嫌がった。これ以外に言い表す言葉がないね。チームへの不満があるか? いや、無い。全く無いよ。むしろその逆だね。クリスティアーノ・ロナウドの復帰もチームにとってはとても喜ばしいことだ。もちろん変わらなければならないことは事実であり、そうするには次節以降を全力で戦うことだね」

なお、バルセロナは同節のゲームをエイバル相手に6-1と大勝し、無傷の5連勝で首位に君臨。レアルはバレンシア、レアル・ソシエダ、そしてベティスらを勝ち点差1で追う7位と低迷している。次節はアウェイでアラベスと第6節を戦い、その3日後にはチャンピオンズリーグでのドルトムント戦も控えるレアル。当然ながらこれらは何があっても勝利を求められるゲームとなるだろう。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ