コウチーニョのバルサ移籍を阻んだのはミュラーのバイエルン残留?

夏に移籍を果たすことはできず photo/Getty Images

第一希望を諦めるに至った経緯

フィリペ・コウチーニョの運命はトーマス・ミュラーの去就と連動していた。少なくとも独紙は今夏のマーケットにおける騒動をそのように解説している。

退団したネイマールの代役としてバルセロナはリヴァプールの攻撃的MFを望み、コウチーニョもまたカンプノウ行きのチケットを心から熱望したにも関わらず、最終的にこの相思相愛が結実することはなかった。複数回にわたる破格のオファーに加え、コウチーニョによって提出されたトランスファーリクエストをもってしてもビッグディールの成立が叶わなかった背景には、ドイツ王者に所属するミュラーの残留が大きな要因だったと独『Bild』が報じている。

リヴァプールは、その能力の高さにも関わらず、カルロ・アンチェロッティ政権下で100%の信頼を与えられていないミュラーとの契約が可能だと判断し、同選手をコウチーニョの後釜に据えることを画策。しかし、最後までバイエルン・ミュンヘンとの交渉を完了させることができず、コウチーニョをバルサへ放出することも不可能となってしまったと同紙は綴る。これにより、バルセロナはプランBへの移行を余儀無くされ、ドルトムントから新鋭ドリブラー、ウスマン・デンベレをおよそ130億円で確保。かねてより獲得を求めていた第一希望との成就を果たすことはできなかった。

しかし、後釜の確保を果たした場合のみコウチーニョ売却に応じる姿勢を示したとされるリヴァプールのやり方は、ネイマールを失った後にその代役を探し回ったバルセロナよりも幾分か賢明だと言える。多くの札束が飛び交い、契約解除金まで満額を用意されるこのご時勢において、各クラブはよりクレバーな立ち回りが求められることだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ