元同僚が暴露 クロースのレアル移籍劇「彼は『ワールドクラスじゃない』と伝えられた」

現在はレアルでプレイするクロース photo/Getty Images

「彼は信頼を必要としていた」

バイエルン・ミュンヘンが稀代のパサーであるトニ・クロースをレアル・マドリードへ放出したのは「ワールドクラスではない」から。かつてレヴァークーゼンで同選手と共闘したシュテファン・ライナルツ氏がそのように証言している。

ドイツの各年代別代表にも選出され、レヴァークーゼンで長きにわたってプレイしたライナルツ氏。自身を“クロースの友人”と位置付ける同氏は、2014年に多くのドイツ国民を驚かせた電撃移籍の経緯を独『Die Welt』のインタビューにおいて解説した。

「バイエルン・ミュンヘンはクロースを残留させるための努力が不十分だったね。マンチェスター・ユナイテッドやシティも彼の獲得に興味を持ち、サインを熱望したが、最終的にレアル・マドリードが争奪戦を制した。2500万ユーロという金額でね」

また、バイエルンとの間で金銭的な折り合いがつかなかったことも一因だという。

「クロースは親友だから、事の全容を知ってるよ。彼はバイエルンから新契約をオファーされたが、当時のあのチームではクロースとほとんど同年代のマリオ・ゲッツェの存在が大きかった。クロースはゲッツェよりも多くの年俸が支払われることを望んだのさ。でもバイエルンは彼に1000万ユーロの年俸を出すことを嫌がり、(カール・ハインツ・)ルンメニゲCEOもクロースに伝えたんだ。『君はワールドクラスじゃないからだ』とね。クロースは他からの信頼を必要とし、レアルが与えた。それが退団の背景だよ」

バイエルンの幹部が“ワールドクラスではない”と断言したクロースは現在、ジネディーヌ・ジダン率いる白い巨人においてルカ・モドリッチやカゼミロらと堅固なユニットを構成し、欧州を席巻している。たった2500万ユーロで彼を手中に収めたレアルと、1000万ユーロの年俸を節約したバイエルン。どちらが喜びを手にしたのかは、今や明白だろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ