ネイマールとカバーニのキッカー騒動に絡んだD・アウベス 「僕が蹴ろうと思ったんだけど……」

キッカーを巡って争ったネイマールとカバーニ photo/Getty Images

キッカーを巡り争い

スター選手が集まったパリ・サンジェルマンで早くも気になる問題が起きている。2-0で勝利した17日のリヨン戦でFWネイマールとエディンソン・カバーニがキッカーの座を巡って争う一幕があったのだ。

PSGで絶対的なスターになろうと考えているネイマールは当然のことながら全てのセットプレイでキッカーを担当したがるだろう。一方でカバーニはこれまでチームを引っ張ってきたプライドがある。いくらネイマールとはいえ易々とキッカーの座を明け渡すのはプライドが許さないだろう。

さらにこの試合で注目を集めたのがネイマールとブラジル代表でも同僚のダニエウ・アウベスの行動だ。ネイマールが倒されてフリーキックを得ると、カバーニがキッカーを務めようとボールに近づいた。しかしなぜかそれをアウベスが拾い上げ、カバーニにボールを渡すことを拒否したのだ。するとネイマールが近づき、アウベスはネイマールにボールを渡す格好となってしまった。カバーニからするとアウベスがネイマールにキッカーを任せようとしたように見えるだろう。

しかしスペイン『as』によると、アウベスは自分でフリーキックを蹴ろうと思ったと説明し、ネイマールにボールを意図的に渡したわけではないことを主張している。

「僕は蹴ろうと思ったんだ。フリーキックを蹴るためにボールを拾ったんだ。これまでにも僕は何度かフリーキックを決めているし、自信がある。ただ、それは重要じゃない。重要なのは個人よりチームだ。あの時は僕が責任を背負おうと思ったんだけど、ネイがボールを取って蹴ってしまった。僕はフリーキックを蹴ることを目的にボールを拾ったんだ。残念ながらそれはできなかったけどね」

これはスターが集まるチームなら起きても仕方のない問題ではあるが、今回はネイマールとカバーニのキッカー争いに合わせてアウベスの行動までもが余計な注目を集めてしまった。こうした問題に対処してこそビッグクラブを率いるにふさわしい名将と言えるが、ウナイ・エメリは円満に解決できるのか。早くも問題が起こり始めている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ