コロンビアで“史上最悪のPKミス” 非難続々「ゴール2つ分はズレた」「八百長を疑う」(映像アリ)

A代表にも選ばれた経験のあるグティエレス photo/Getty Images

周囲も唖然

決して惜しくもなければ、GKが慌てふためくこともなかった。コロンビアのアトレティコ・ジュニオールでプレイする同国代表FWテオフィロ・グティエレスによる信じられないPKシュートが、「サッカー史上最悪のミス」だと揶揄されている。

名門ティグレスとの一戦で77分にPKキッカーを託された32歳のベテランFWにとって、その後に放たれた驚異の一撃が世界中の嘲笑の的となることは想像だにしなかっただろう。両手を腰に据え、GKとの睨み合いを終えたグティエレスは狙い澄ました右足でのシュートを見舞うも、その意思を背負ったはずのボールはあさっての方向へと旅立ってしまった。

本人含め、対峙したGK、そして周囲のチームメイト、サポーターに至るまで全ての人間がこの“世紀のミスショット”を目の当たりにし、愕然。スペイン『as』はこの一幕を収めた動画を掲載し、「これこそ史上最悪のPKミスだろうか?」と取り上げ、グティエレスによる一撃が「理想とはかけ離れた結末をもたらした」と説明している。

同選手はキック後、土と共にめくれ上がった芝生を恨み、それらをスケープゴートにすることを急いだが、SNS上では無情な非難の言葉が多く飛び交ってしまった。

「八百長を疑う。でなければ、あんなキックはしない」

「およそゴールマウス2つ分はズレたな」

「母親がキッカーを務めてもこんな酷いシュートにはならない。素人以下だ」

「ジュニオールに復帰してくれたのは嬉しいが、これは迷惑な一撃だ」



記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ