バルサ行き破談のコウチーニョはすでに切り替え「ここの他の人間と問題になったことはない」

リヴァプール残留が決まったコウチーニョ photo/Getty Images

「皆が知っていることだろう」

イングランドのリヴァプールでプレイするブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが、今夏のバルセロナ移籍騒動を振り返っている。

スペインの名門によるコウチーニョへの関心はかねてより噂されていたものの、ブラジル代表FWネイマールのPSG移籍が実現してしまったことで、その興味が突如として加速。コウチーニョ側もリヴァプールへ移籍志願書を提出し、相思相愛の関係かと思われたが、クラブは最後までバルセロナからの猛攻に耐え、チームのエースである攻撃的MFに残留を強いていた。

『ESPN Brazil』の取材に応じたコウチーニョも、自身がカンプノウ上陸に前向きだったことを打ち明けている。

「バルセロナから僕にオファーが届いていたことは本当のことだし、僕も、そして僕の家族もその誘いに関心を持ったよ。もう皆が知っていることだろうけどね」

だが、今後も彼はリヴァプールのプレイヤーであり、当然ながらその事実を受け入れている様子だ。

「あんな偉大なチームからオファーが来るなんてことはとても誇り高いことだけど、リヴァプールだって世界的に偉大なクラブさ。ここでのプレイにも誇りを感じているよ。僕はこれからもベストを尽くすし、ここで他の人間と問題になったことはない。リヴァプールからのサポートにはずっと感謝している」

“バルセロナ行きの直行便”を逃した格好となったコウチーニョ。次にその列車がいつやってくるかは定かでないが、最高のプレイとプロフェッショナルな振る舞いを続けることで、さらなる可能性が舞い込んでくる可能性は否めない。今季もリヴァプールでの鮮やかなフットボールに期待したい。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ