ドイツ期待の新鋭ヴェルナー「ビッグクラブでやる希望はあるけど、しばらくはライプツィヒで」

決定力抜群のアタッカー、ヴェルナー photo/Getty Images

自身の将来を展望

ライプツィヒでプレイするドイツ代表FWティモ・ヴェルナーが、自身の去就について言及している。

昨季のブンデスリーガで21ゴールを挙げる活躍を披露し、ライプツィヒの躍進に多大な貢献を果たしたヴェルナー。今夏に開催されたコンフェデレーションズ杯でも素晴らしいパフォーマンスを見せたこの21歳に対しては、スペインのレアル・マドリードやイングランドのリヴァプールといった名門クラブが続々と関心を寄せており、本人も移籍に前向きな姿勢を示しているものの、現在はライプツィヒでのプレイに集中している様子だ。独『Bild』がヴェルナーの言葉を伝えている。

「いつの日か大きな名門クラブで戦いたいという希望はあるよ。でもライプツィヒでのプレイはとても良い感じだし、これまでも満足のいく仕事をこなせてきたと思ってる。今後もしばらくの間はこのクラブでやり続けるつもりさ。ライプツィヒというチームが大好きだからね。それにこのクラブもすぐに名門になるはずだと自信を持って言えるよ。僕はライプツィヒに新契約締結の提案もしてるしね」

これまでドイツの各年代別代表に選出され、ブンデスリーガで最も将来性溢れるアタッカーの1人として数えられてきた同選手は一体どんなキャリアを積んでいくのだろうか。今季もライプツィヒでの目の覚めるような仕事ぶりに期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.228 新生日本代表「いざ、アジアカップへ!」
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ