ベイル、レアル移籍を決めた理由を明かす「外国のビッグクラブへ加入する際はとても重要」

イングランドからスペインへやってきたベイル photo/Getty Images

ピッチ上でも共鳴し合う

スペインのレアル・マドリードでプレイするウェールズ代表FWガレス・ベイルが、2013年に同クラブへの移籍を決断した理由について語っている。

およそ130億円という大金だけが、ベイルをサンティアゴ・ベルナベウへと引き込んだ唯一の理由ではなかった。加入初年度から主力としてチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、クリスティアーノ・ロナウド&カリム・ベンゼマと共に“BBC”を構築するウェールズ代表FWが、英紙『Daily Mail』のインタビューに応じ、レアルへの移籍を後押しした存在としてルカ・モドリッチの名前を挙げている。

「僕とモドリッチは共にトッテナムで素晴らしいパフォーマンスを披露していた。彼がこのクラブに在籍していたおかげで、僕はマドリードへ来ることを決断できたのさ。モドリッチがどれだけ最高の選手なのかを僕は知っていたし、彼の存在によってレアルに順応するのもかなり早かった。外国のビッグクラブへ移籍する際、そこに仲の良い友人がいることはとても大きな意味があるし、それは重要なことなんだ」

モドリッチはこれまで多くの良質なお膳立てをベイルへプレゼントし、後者もそのパスをネットへ突き刺すことでアシストへと変えてきた。スパーズ時代に培った阿吽の呼吸が、今後もベルナベウで存分に活かされることを期待したい。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ