香川真司、今季初スタメンでアシスト記録 「彼の閃きが試合を彩った」と独紙

献身的なプレイを披露した香川(写真奥) photo/Getty Images

チーム内で2番目に高い評定を獲得

13日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節が行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントがトッテナムに1-3で敗れた。

同試合で今季の公式戦初となる先発出場を果たした香川。試合序盤から敵陣バイタルエリアへの侵入を繰り返してチャンスを窺うと、1点を追う11分にアンドリー・ヤルモレンコへワンタッチパスを送り、同選手のミドルシュートによる同点ゴールをアシストした。独『Ruhr Nachrichten』は「彼はワンタッチパスで同点ゴールを演出し、いくつかの良い閃きで試合を彩った」と香川のプレイぶりを称賛。同試合に先発したドルトムントの選手の中で2番目に高い評定を同紙で得るなど、気を吐いている。

先発した試合で早速目に見える結果を残した香川。今後も好調を維持し、同クラブ内での序列を高めることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ