[UCL]“日韓エース”対決はソン・フンミンに軍配、存在感示した香川はアシストを記録

先制点を決めたソン・フンミン photo/Getty Images

ソン・フンミンが先制点

13日にUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節が行われ、香川真司擁するドルトムントはトッテナムのホームに乗り込んだ。

今季初スタメンで結果を残したい香川。しかしドルトムントは、韓国のエースに出鼻を挫かれる。4分、裏に抜け出したソン・フンミンがそのまま左を振り抜き先制に成功。あっさり先制点を奪われたドルトムントだったが、すぐさま反撃に出る。11分、香川の折り返しからアンドリー・ヤルモレンコが上手く流し込みドルトムントが同点に追いついた。

しかし、ドルトムントはわずか4分でまたも突き放されることになる。ヌリ・シャヒンにプレッシャーを掛けたハリー・ケインがボールを奪うと、相手を一枚かわし左足でゴールを奪った。その後は1点を追うドルトムントがボールを支配し、トッテナムがカウンターを狙う展開となる。

同点に追いつきたいドルトムントは、後半立ち上がりにCKの流れからオバメヤンがきれいなボレーシュートでゴールネットを揺らす。しかし、オンサイドにも見えた動き出しは、オフサイドの判定で同点弾とはならなかった。

すると60分、ケインがストライカーとしての貫禄を見せる。ゴール前でボールをもらった同選手は、シュートブロックに入った相手DFの股を上手く抜くシュートで、ゴール左隅に沈めた。

66分、流れを変えたいドルトムントは、前半に比べボールへの関与が減った香川を下げマリオ・ゲッツェを投入する。しかし、状況は変わらず3-1でホームのトッテナムがUCL開幕戦を勝利で飾った。

今季初スタメンとなった香川は、非常に多くボールに関わりビルドアップを助けるなどドルトムントの攻撃を牽引した。しかし、アシストは記録したものの、チームを勝利に導くことはできずに終わっている。一方トッテナムは決定力の高さを見せつけ、韓国のエースは得点以外にも素晴らしい活躍を残した。途中交代の際にはホームサポーターから大きな拍手で活躍を讃えられ、UCL初戦を最高の形で終えている。

[スコア]

トッテナム 3-1 ドルトムント

[得点者]

トッテナム:ソン・フンミン(4)、ハリー・ケイン(15、60)

ドルトムント:アンドリー・ヤルモレンコ(11)

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ