モウリーニョ「まるでプレイステーションだ」 UCL初戦完勝もゲーム感覚の選手たちに喝

マンチェスター・ユナイテッド指揮官のモウリーニョ photo/Getty Images

リラックスし過ぎと指摘

マンチェスター・ユナイテッドは12日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第1節でバーゼルと対戦した。試合は3-0でホームのユナイテッドが勝利を収めたが、ジョゼ・モウリーニョ監督は2-0からの選手たちの戦い方に不満があるという。

後半の早い段階で2点目を奪ったユナイテッドだが、3点目は遠く相手にチャンスを与える場面もいくつかあり、状況次第では勝ち点を落としていたかもしれない。モウリーニョは傲慢なプレイをした選手たちに喝を入れている。同監督のコメントを英『BBC』が伝えた。

「2-0までは安定し、自信を持ってプレイしていた。しかし、そのあと全てが変わったよ。本気度が欠け、正しい判断ができなくなってしまった。自分たちで招いたトラブルだ。フリックやトリックを混ぜ、まるでプレイステーションのようなフットボールだった。私はそういうのは好きではない。対戦相手を尊重する必要がある。選手たちがリラックスし過ぎるのは、本当に好きではないんだ」

完勝したとはいえ、1点でも入ればフットボールはなにが起こるか分からない。モウリーニョ監督の言葉通り相手をリスペクトし、最後まで全力で戦わなければいつか足元をすくわれるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.190 ハリルジャパンの此れまで・此れから
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ