オバメヤン、激白 トッテナム移籍が濃厚だった過去「スタジアムや練習場も見てまわった」

毎年ゴールを量産するオバメヤン photo/Getty Images

対峙するチームでプレイしていた可能性も

ドイツのドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・オバメヤンは、過去にトッテナム移籍が間近に迫っていたことを認めている。

13日にチャンピオンズリーグのグループステージ開幕戦で名門トッテナムと激突するドルトムントのエースが、独紙『Bild』のインタビューに応じると、2012年にスパーズへの移籍交渉が進展し、自身もロンドン行きを熱望していたと回想。最後の局面で交渉が行き詰まり、正式なサインとはならなかったと振り返っている。

「僕はその時、トッテナムに出向いて彼らのスタジアムや練習場も見てまわったし、交渉も進めていた。でも、しばらくした後、彼らは一切僕に接触して来なくなったんだ」

これは先週、元スパーズ監督のティム・シャーウッド(2013-14シーズンに指揮)によって明かされたエピソードと一致する。オバメヤンとトッテナムは当時、合意が近付いていたものの、シャーウッドの前任者であるアンドレ・ヴィラス・ボアス監督がこれを見送っていたというものだ。その後、スパーズがハリー・ケインという世界的CFの台頭を待つのにどれだけの時間を要したかを考慮すれば、ヴィラス・ボアスの判断は間違っていたと糾弾されてもおかしくはないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ