インザーギ監督が『注目度の低さ』を嘆くも…… ラツィオ、ミラン撃破でスクデット争いに名乗り 

ラツィオを躍進させるインザーギ監督 photo/Getty Images

エースもチームの出来に自信

10日にセリエAの第3節が行われ、ラツィオがACミランをホームへ迎え入れた。

試合は、イタリア代表FWチーロ・インモービレのハットトリックなどで、スコアを4−1としたラツィオ。今夏の移籍市場で積極補強を行なったミランを撃破し、2勝1分の無敗をキープした。一方、守備が崩壊したミランは今季公式戦初黒星を喫している。

スーペルコッパ・イタリアーナ(イタリア・スーパー杯)で王者ユヴェントスを退け、満を持してSPALとの開幕戦へ臨んだラツィオだが、昇格クラブ相手にゴールを割ることができずスコアレスドロー。今後に不安が残る新シーズンの幕開けとなったが、第2節のキエーヴォ戦に続き、ミラン戦でも勝利したことで一気に払拭した。

伊『MEDIASET PREMIUM』のインタビューに応じたシモーネ・インザーギ監督も「今日のようなプレイができれば、偉大なことを達成できるだろう」とコメント。さらに「試合前は、誰もこのような結果を予想できなかったと思う。ただ、我々は何をすべきか知っていたし、素晴らしいチームを見せることができた。今日の結果で、多くの人々がラツィオの話をするようになるんじゃないかな。スーパー杯でユヴェントスを破ったのに、我々のことはなかなか話題にのぼらなかったからね。我々は再び世間を驚かせてみせる。今季、頂点を取る準備ができていることを証明してみせるよ」と『注目度の低さ』を嘆きつつ、スクデット獲得への意気込みもあらわにしている。

そして、ミラン戦の勝利の立役者となったインモービレも「スーパー杯の後、誰もが僕の調子は落ちると述べていた。だが、ミランから4ゴールを奪えるチームはそう多くはないだろう。僕たちは現在、正しい軌道に乗れていると思うよ」と自信を見せた。

今季のスクデット争いに名乗りを上げたインザーギ監督が率いるラツィオ。次節は17日にジェノアとアウェイで対戦する。はたして、この一戦でも勝ち点3ポイントをゲットし、上位チームを追走することができるのか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ