マンC戦がクロップ政権初の敗北 リヴァプールの驚くべきトップ6との対戦成績

リヴァプールを率いるクロップ photo/Getty Images

衝撃の0-5大敗

9日にリヴァプールがマンチェスター・シティに0-5で大敗したのは衝撃だったが、もう1つ驚くデータがある。それは、これがユルゲン・クロップ体制になって以降初めてトップ6相手に敗れたゲームだったからだ。昨季もリヴァプールの課題は格下相手に勝ち点を取りこぼすところにあり、上位陣からは勝ち点をしっかり奪えていた。それは今季アーセナルを4-0で撃破したことからも分かってくるのだが、クロップはここまでトップ6相手に無敗を続けていた。

英『Daily Mirror』によると、クロップ就任以降のリヴァプールはトップ6と19試合戦って9勝9分1敗の成績を残している。この1敗はマンC戦だ。トップ6相手には計勝ち点36を奪っていることになり、これは他の上位陣と比較してもトップの数字だ。

昨季王者のチェルシーは同期間でトップ6相手に勝ち点27、トッテナムも27、マンチェスター・ユナイテッドは22、アーセナルは16、意外にもマンチェスター・シティが最も少ない15点となっている。

同メディアはクロップ体制のリヴァプールがここまでトップ6相手に負けていないのは信じられない記録と伝えており、マンCに大敗を喫したとはいえ今季もリヴァプールは上位陣にとって非常に厄介な相手となるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.189 ついに突入した欧州5大リーグ時代の勢力地図
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ