マネが顔面ハイキックで退場に クロップ監督は判定に困惑

退場判定に落胆するマネ(右) photo/Getty Images

「単なる事故だった」

9日にプレミアリーグ第4節が行われ、リヴァプールがマンチェスター・シティに0-5で敗れた。

同試合の37分にFWサディオ・マネ(リヴァプール)が味方からのロングボールに反応し、ペナルティエリア外に飛び出した相手GKエデルソン・モラレスと交錯。その際にマネの足がエデルソンの顔面を捉えたとし、ジョナサン・モス主審は迷わずマネにレッドカードを提示した。リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は試合後の英『sky SPORTS』のインタビューで、一連の判定について困惑した心境を明かしている。

「あのプレイは単なる事故だった。私にはマネが相手よりも速くボールに触れたいという一心で足を高く上げたように見えたからね。ただ、(マネの立場で考えると)相手GKの姿が十分に見えてなかったのかもしれないし、まさかレッドカードに値するとは思わなかったよ」

サッカーの競技規則では、「過剰な力や相手競技者の安全を脅かす方法で、相手競技者に対し片足もしくは両足を使って前、横、あるいは後ろから突進した場合、著しく不正なプレイを犯したことになる(一発退場が命じられる)」と定められている。マネが自身のSNSを通じて「悪意はなかった」と述べていることもあり、一連のプレイが過失であることは明白だが、故意でなければ退場を免れるという規定は存在しない。実際に同選手の足がエデルソンの顔面に当たってしまった以上、一発退場は妥当と言わざるを得ないだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ