マルセロ、イライラ募り相手選手の背中を“ダブルキック” 一発レッドで退場(映像アリ)

退場処分を受けてしまったマルセロ photo/Getty Images

ホームで2戦連続ドロー

スペインのレアル・マドリードでプレイするブラジル代表DFマルセロが9日、ホームでのレバンテ戦に先発出場すると後半44分に相手選手の背中を“ダブルキック”し、一発レッドカードを頂戴してしまった。

それは豪快な弾丸シュートをお見舞いした直後の出来事だ。1-1のドローで迎えたゲーム終盤、なんとか追加点を奪う必要のあったレアルは総力を挙げて相手陣内へと侵入し、最後の猛攻を披露。マルセロとテオ・エルナンデスのどちらが“正式なSB”なのかを判別できない程に前がかりな攻めを展開すると、ロスタイムへと突入する寸前にブラジル代表DFがペナルティーエリア内から強烈なシュートを放ち、勢い余ってジェフェルソン・レルマと交錯。そのまま地面に転倒すると、低調なプレイへのイライラが募ったのか、マルセロは自身の両足をバタつかせ、レルマを複数回にわたってキックしてしまった。

これを至近距離から目撃していた主審は即座にレッドカードを準備し、同選手へピッチ上からの退去を命じた。その後、サンティアゴ・ベルナベウには激しいブーイングが木霊したが、その野次がレフェリーに対するものなのか、はたまた不甲斐ないプレイを繰り返していた白い巨人へ向けられたものなのかを判別する手段は無い。

前線で数少ない突破口としての役割を担っていたマルセロを失ったレアルはその後、4分間ものロスタイムを過ごすも、最後までレバンテの砦を破ることができず、前節のバレンシア戦に続いて2戦連続ホームでの引き分けという結果に終わってしまった。






参照元:twitter youtube

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ