インテルと契約延長で沈黙を破ったペリシッチ 夏の移籍話にはストレスを感じていた?

インテルとの契約を延長したペリシッチ photo/Getty Images

プレシーズンの裏話も明かす

インテルは8日、クロアチア代表MFイヴァン・ペリシッチとの契約を延長したことを発表した。なお、新たな契約は2022年6月30日までとなっている。

現在28歳のペリシッチはクラブ・ブルッヘやボルシア・ドルトムント、ヴォルフスブルクなどを経て、2015年夏にインテルへ移籍した。自身初のセリエAでは、加入初年度から34試合に出場して7ゴール5アシストを記録し、インテルの主力として活躍。その後もチームに欠かせない存在となっており、昨季は36試合で11ゴール11アシストを挙げている。今夏の移籍市場では、マンチェスター・ユナイテッドなどいくつかのビッグクラブがペリシッチの獲得を狙っていたようだが、最終的にチームへ残留。第2節を終えた時点で1ゴール3アシストの活躍を見せており、開幕戦からの連勝の立役者となっていた。

そんなペリシッチはクラブの公式チャンネル『Inter Channel』のインタビューに応じ、「特別な日になった。ストレスを感じた夏も終わったし、間違いなく幸せだ。今は前だけを見ているし、インテルのことだけを考えているよ」とコメント。さらに「長い間、口を閉ざしていたけど、今だからこそ言えることがある。プレシーズンにスパレッティ監督とすでに話し合いを行っていたんだ。一緒に仕事を続けていけば、さらに良い選手なると彼は言ってくれたよ。一緒に働いたことがあるハンダノビッチも、監督には良いところしかないと言ってくれたしね」とプレシーズンの裏話なども明かしている。

はたして、ペリシッチはこの調子でインテルにかつての輝きを取り戻させることができるのか。ゴールもアシストもできる「左サイドの要」が、ミラノの名門を栄光へと導く。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ