豪州戦の代償は大きく…… 長谷部の膝問題にコバチ「4バックに変更する可能性ある」

フランクフルトを支える長谷部 photo/Getty Images

今節は欠場との見込み

31日、日本代表は2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選でオーストラリア代表を撃破し、6大会連続のワールドカップ出場を決めた。その試合に照準を合わせて調整してきたのがフランクフルトに所属する主将の長谷部誠だ。長谷部は3月に膝を痛めて手術し、残りのシーズンを欠場していた。日本にとって主将がオーストラリア戦のピッチにいたことは大きく、長谷部が必死にチームメイトに声をかけている姿は印象的だった。

しかし、その代償は大きかった。長谷部は続く5日のサウジアラビア代表戦は膝の問題で欠場し、ドイツへ戻っている。しかし独『Allegemeine Zeitung』によると、長谷部は現在プレイできる状態にないという。どれほど離脱するかは分かっていないようだが、まずは今節のボルシアMG戦を欠場することになる。

これには指揮官ニコ・コバチも頭を抱えているようで、「4バックに変更する可能性がある」とコメント。長谷部が戻ってきたことで3バックを使うことが可能となっていたのだが、リベロを務める同選手が欠場する場合はチーム全体の戦い方を変える必要性も出てくる。

コバチだけでなくサポーターも長谷部のカムバックを喜んでいたはずで、再び失うのは痛い。長谷部はオーストラリア戦後に「無理してよかった」と口にしていたが、フランクフルトにとっては頭を抱える結果となってしまった。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ