元ドイツ代表主将、練習ボイコットのデンべレを痛烈批判「俺もバルサと個人合意に至っていたが……」

強引な方法で移籍を実現させたデンべレ photo/Getty Images

「越えてはならない一線がある」

今夏にドルトムントからバルセロナへの移籍を果たしたMFウスマン・デンべレ。自身の夢である同クラブ入団を実現させた同選手だが、クラブ間の交渉が停滞した途端にドルトムントの練習を無断欠席するなど、強引な行動が問題視された。

一連の騒動を受け、かつてドイツ代表で主将を務めたミヒャエル・バラック氏が同選手の振る舞いを痛烈に批判。プロサッカー選手として常軌を逸しているという見解を示した。独『sport1』が伝えている。

「サッカーの世界では常にフェアプレイが求められる。どんなに何かを勝ち取りたくても、越えてはならない一線があるんだ。俺にも似たような経験がある。2004年にバルセロナと個人合意に至ったけれど、(当時所属していた)バイエルン・ミュンヘンが移籍を了承してくれなかった。ただ、その時は練習をボイコットしようだなんて考えもしなかったね。彼は(移籍を認めてくれた)ドルトムントに感謝すべきだし、これからもその気持ちを自身の振る舞いで示す必要がある」

「良いチームで1年を過ごせた」とドルトムントへの感謝の言葉を口にしたデンべレだが、練習ボイコットに伴うマイナスイメージが払拭されたとは言い難い。パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールに代わり11番を背負う同選手だが、背番号に見合う活躍を披露し、自身に懐疑的な目をむける人々を納得させることができるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ