イングランドは2006W杯を制覇できた エリクソン「我々より良いチームは多くなかった」

ベスト8で敗退したイングランド photo/Getty Images

黄金世代でビッグタイトルを獲るべきだった

現在のイングランド代表は新たな世代を迎えており、ハリー・ケインやデル・アリ、マーカス・ラッシュフォードなど若い選手たちが主役になりつつある。どの選手も実力があり、上手くフィットすればワールドカップで上位を狙うことも不可能ではない。

しかし、10年ほど前の黄金世代と比較すると見劣りする部分があるのは事実だ。英『Daily Mirror』によると、2001年から5年間イングランド代表の指揮を執ったスヴェン・ゴラン・エリクソンはEURO2004と2006ドイツワールドカップのどちからで優勝しておくべきだったと後悔があるようだ。

EURO2004では準々決勝でポルトガル代表と対戦し、PK戦の末に敗北。2年後のワールドカップでも準々決勝でポルトガル代表と対戦し、PK戦の末に敗れてしまった。ポルトガル相手に2度もPKで敗れたのは非常に苦い思い出だ。

エリクソンはこの2つの大会について「2004年と2006年の両大会では、私とアシスタントのトード、それにコーチングスタッフで他国を見たが、我々より良いと思ったチームは多くなかった。我々にはチャンスがあったんだ。個人的には2006年のワールドカップは勝てたと思うし、勝たないといけなかった。ポルトガル戦でルーニーが退場になったのはアンラッキーだったと思う。我々は1時間近く10人で戦ったし、あのレベルでそれは簡単じゃない」と振り返っている。

当時のポルトガル戦ではルーニーが一瞬のフラストレーションから相手選手を踏みつけてしまい、それをマンチェスター・ユナイテッドでチームメイトだったクリスティアーノ・ロナウドが必死に主審にアピールしたことでも話題となった。ルーニーは退場処分を命じられ、イングランド代表は苦しい状況へ追い込まれてしまった。

しかもPK戦でポルトガルの勝利を決める最後のキックを担当したのはロナウドだった。イングランド代表の選手たちにとっては屈辱だったに違いない。スティーブン・ジェラード、フランク・ランパード、リオ・ファーディナンド、ジョン・テリー、アシュリー・コール、デイビッド・ベッカム、ジョー・コール、マイケル・オーウェンと、文句のつけようもない陣容だっただけに、何とももったいない終わりだった。

イングランド代表はワールドカップのタイトルから遠ざかっているが、あの2006年に獲得しておくべきだったのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ