「歓声が大きすぎて……」発言の韓国主将、W杯決定後にサポーターへ感謝の気持ち述べる

広州恒大の一員として浦和レッズとも対戦したキム・ヨングォン photo/Getty Images

9大会連続のW杯本戦出場

韓国代表は5日、ロシアW杯アジア最終予選でウズベキスタンと対戦し、スコアレスドローに終わった。3位シリアも引き分けに終わったため、韓国は9大会連続のW杯本戦出場を決めている。前節の試合後、不適切な発言で批判を受けていた主将のキム・ヨングォンは、W杯出場への喜びを語った。

キム・ヨングォンは、ドローに終わってしまった前節のイラン戦後「ホームの歓声が大きすぎて意思疎通がとれなかった」と発言してしまい、サポーターから多くの批判を浴びていた。しかし、目を充血させて試合後の会見に臨んだ同選手は、言葉を慎重に選びながらサポーターへ感謝の気持ちを述べている。

「大変だったのは事実。それでも本戦出場に少しでも貢献できてうれしい。代表の主将を引き受け、一言一言に注意しなければならないということを感じた。これからさらに成熟した姿をお見せしていきたいと思う。練習中、意気消沈していたのは事実で、シン・テヨン監督に多くの助言をもらった。監督の信頼をウズベキスタン戦で取り戻したいと考えていて、幸いなことに良い結果につながったよ。韓国のサッカーファンの方々の応援と関心は多くの力になる。誤解が解けて欲しい」

サポーターの反感を買ってしまったキム・ヨングォンだが、国の代表を背負うプレッシャーや責任は相当なものだったはずだ。しかし、本番はこれからであり、新たな戦いが始まる。サポーターの誤解を払拭するためにも、ロシアでの結果が必要となるだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ