ブッフォン、レアルの“GK問題”に違和感「彼らはここ10年間で戦力不足など一切経験してない」

ベテランの域に達したブッフォン photo/Getty Images

贅沢な悩みを羨む

イタリアのユヴェントスでプレイするGKジャンルイジ・ブッフォンが、レアル・マドリードでゴールマウスを守る同業者ケイロル・ナバスを賞賛している。

イケル・カシージャスによる君臨が終焉して以降、白い巨人はその門番を誰に委ねるべきかを長らく決めかねてきた。クラブの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス氏も、ディエゴ・ロペスやケイロル・ナバスといった男たちの仕事ぶりに心からの満足感を得ることができていないとされ、マンチェスター・ユナイテッドで活躍するGKダビド・デ・ヘアに対する熱視線を止めようとはしない。

だが、ブッフォンは彼らの抱える悩みが“贅沢なもの”だと捉え、これ以上の強化は必要無いと指摘。スペイン『MARCA』のインタビューで次のように語った。

「レアル・マドリードはここ10年間で戦力不足など一切経験していない。常にその時期の世界最高選手を獲得してきたからね。ケイロル・ナバスは偉大なGKだし、彼にどんな評判があるかは関係無い」

ブッフォンが喉から手が出るほどに欲してきたビッグイヤーを、ナバスは複数回に渡って制覇している。

「彼らはナバスと共に2度もチャンピオンズリーグを獲得し、彼もその中で重要な役割を果たした。レアルに補強の必要なんて無いんだよ。戦績や結果を見れば一目瞭然だろう」

セリエAのクラブは資金力の差から、欧州マーケットでは後手に回ることも少なくない。ブッフォンにとって、レアルが抱く“戦力への不満”は取るに足らないものなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ