内田篤人の“ベッカム効果”に驚愕する独紙「ウニオンはわずか数日間でフォロワーが……」

シャルケよりウニオンへ加入した photo/Getty Images

内田フィーバー巻き起こる

例えボールを蹴らずとも、内田篤人はその価値を証明することのできる稀有な存在だ。夏に日本代表DFを手中に収めたドイツのウニオン・ベルリンが、その“凄まじき効果”に驚愕している。

はにかんだ笑顔と端正なルックス、そして正確無比なアーリークロスを十八番とする内田はこれまでに多くの老若男女を魅了してきたが、改めてその人気ぶりにスポットライトが向けられた。独紙『Bild』は6日付けの記事にて、“内田篤人のシャツが大当たり”と題し、「本人は全く喜んでいない」と前置きした上で、いかにこの右SBが“持ってる男”かを説明している。

「内田篤人はウニオンへ加入後、まだリーグ戦に全く出場していないが、早くもフィーバーが巻き起こっている。主にSNS上での数字の伸びが顕著だが、それだけでなく、彼のユニフォームの売上は素晴らしく順調だ(背番号2はチーム内で4位の人気)」

日本から新規のサポーターを獲得できたことはウニオンにとって大きな収穫だろう。

「内田篤人の日本での人気は凄まじく、それが彼の突出した部分だ。ウニオンも『たった数日間で数千ものフォロワーが増加した』とし、それは5000を超える。もちろんそのほとんどがアジアからの客だ。祖国で内田がスポーツの観点から取り上げられることは少なくなったが、彼はまちがいなく“日本のベッカム”とも言えるレベルである」

かつて清武弘嗣がセビージャへ加入した際にも、このようなマーケティング面における絶大な効果は現地メディアによって明かされていたが、やはり内田は別格ということだろうか。もちろん商業的な価値があることは事実だが、一刻も早くピッチ上での効果を拝みたいところだ。29歳DFの復活を心より祈っている。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.191 激化するビッグクラブの勢力争い
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ