韓国代表監督が対戦国の記者に激怒 “なぜ勝てると思う?”の質問に「何言ってんだ!」

怒りを露わにしたテヨン監督 photo/Getty Images

いざ、決戦へ

ナーバスになるのも無理はない。5日に運命の大一番に臨む韓国代表指揮官シン・テヨンが、対戦国の記者へ“怒りの対応”を見せつけている。

生きるか死ぬかの超ビッグマッチだ。ロシアW杯に向けたアジア最終予選で勝ち点14の2位につく韓国だが、すぐ背後に迫るシリアとウズベキスタンの存在によって、負ければ最悪の事態も想定しなければならない。最後の瞬間まで白熱のバトルを演じることを強いられ、最も困難な局面で同国のボスを委ねられたシン・テヨンは、最終節前の会見に強張った表情で出席すると、ウズベキスタン記者による執拗なネガティブキャンペーンにとうとう耐えることができなかった。

ただでさえテンションを抑えることが困難な決戦を前に、ウズベキスタン人記者から「韓国はプレイオフを想定していますか?」との先制パンチを受けると、シン・テヨンは「全くしていない。勝つために来たから微塵も考えていないよ」と断言。さらにその直後、同じ記者から「韓国はプレイオフへ回ることが濃厚ですよね?」との心理戦を仕掛けられると、同監督は「一切、考えていない。我々は有利な立場にいる」と、再び“教科書通り”の振る舞いを見せたが、これが彼に可能な最後の警告だった。

会見場の視線を独占するアグレッシブな記者は最終口撃として、「でも韓国は最終予選ではアウェイで1勝もしていない。あなたが就任してからも未勝利。それなのになぜ勝てると思うのですか?」と畳み掛けた途端、温厚なシン・テヨンも仏の顔を破棄。「君は何を言ってるんだ! 我々は勝つために来たと言っているんだよ」と反論し、同記者が仕掛けた心理戦に終止符を打っている。韓国『ソウル新聞』が一連のやり取りを伝えた。

W杯本戦のチケットをかけた大一番を控え、監督、選手、サポーター一同、平常心を保つことに苦労しているものの、ウズベキスタンとの一戦では冷静に、そして確実に勝利をもぎ取る必要がありそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ