トゥヘル、デンベレの“ボイコット”に理解「彼は初めて話した時からバルサ行きを望んでた」

昨季までドルトムントを指揮した photo/Getty Images

愛弟子を擁護

今夏にドルトムントからバルセロナへの移籍を果たしたフランス代表FWウスマン・デンベレの振る舞いに関して、昨季まで前者を率いたトーマス・トゥヘルがその見解を述べている。

周囲の想像以上にシグナル・イドゥナ・パルクでの修行期間は短いものだった。昨夏にドルトムントとの契りを交わし、上々な1年目を終えたばかりのデンベレは今夏、“夢のクラブ”からの手招きに魅了され、トレーニングへの不参加や周囲との関係を断絶するというボイコットに及んだ。多くのサポーターや同僚による非難を集めた20歳の青年による振る舞いだが、元ボスのトゥヘルは一定の理解を示すと、カタルーニャ行きこそがデンベレの野望だったことを明かしている。『BVB Buzz』を含む複数メディアが伝えた。

「ウスマンはいつもバルセロナでプレイしたいという願望を口にしていたし、我々が最初に話した時からすでに言っていたことだ。バルセロナは自分の大きな目標で、叶えたい夢だと私によく話してくれた。彼の行為? 私は当事者ではないし、どのような経緯で彼がそのような選択をしたのかを知らないからね。でも、選手に対してあまりにも過度なモラルを求めすぎることも問題だよ。我々はそこを気に留める必要がある」

いずれにしても、遂に夢を叶えたウスマン・デンベレはもうドルトムントには戻らない。彼らは新たな駒としてディナモ・キエフからアンドリー・ヤルモレンコを獲得し、今後は彼を輝かせることに専念すべきだろう。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ