ドイツ代表のエジルは凄い アーセナルサポーター嘆き節「適切な指揮官の下では……」

ドイツ代表のエジル photo/Getty Images

代表とクラブでパフォーマンスに違い

アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、紛れもなくワールドクラスの選手だ。しかし、アーセナルでは何度も批判を浴びている。今季も最高の働きをしているとは言えない状況で、評価は分かれてしまっている。

そんなエジルは1日に行われたワールドカップ欧州予選グループCのチェコ代表戦に先発すると、前半3分にいきなりFWティモ・ヴェルナーのゴールをアシスト。パスを出すタイミング、コース、速度と文句のつけようのないボールで、ヴェルナーは一瞬のうちにGKと1対1の状況を迎えることができた。

さらにこの試合では前線から守備に戻ってタックルを仕掛ける場面まであり、アーセナルサポーターの中にはこのパフォーマンスにショックを受けた者も多いようだ。英『Football London』によると、サポーターからはアーセナルがエジルの能力を活かしきれていないのではないかといった意見が挙がっており、代表とクラブのパフォーマンスの差を嘆いている。

「エジルはドイツでは素晴らしい。でもそれをアーセナルでやってない。問題はアーセナルにあるんだ」

「適切なシステム、適切な指揮官の下ではこのようなエジルになる」

「エジルは3分でアシストを決めた。彼はアーセナルには良すぎる」

アーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲルはエジルの能力を100%引き出すことができていないとの指摘だが、ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴはその術を理解しているのかもしれない。周囲の選手が違うことも関係しているだろうが、違う顔を見せるエジルにアーセナルサポーターも嘆き節だ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ