ギグス、マンUの新鋭CBに期待「ヤープ・スタムだって時間がかかったが、最後には……」

長きにわたって活躍した英雄ギグス photo/Getty Images

古巣の奮闘を願う

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した英雄ライアン・ギグス氏が、古巣の現状について語っている。

ジョゼ・モウリーニョ政権の2年目を迎え、夏のマーケットではベルギー代表FWロメル・ルカク、スウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ、そしてセルビア代表MFネマニャ・マティッチなどの実力者を次々に迎え入れたユナイテッド。盤石の体制を手にしたとも言える赤い悪魔の2017-18シーズンに関して、レジェンドのギグスが次のように展望を語っている。『Belfast Telegraph』が元ウェールズ代表アタッカーのコメントを伝えた。

「ジョゼ・モウリーニョは今夏のマーケットで自身が本当に獲得を希望する選手たちを呼び寄せた。マティッチやルカクは前からよく知っていた選手だし、2人ともスムーズな適応を見せている。一方でリンデロフは慣れるまでに少しの時間が必要だ。でもすぐに適応するはずだよ。振り返ればヤープ・スタムだって適応するまでに多くの時間がかかった。もちろん最後には彼がどれだけの選手かを示したけどね」

現在のユナイテッドには溢れんばかりの才能を発揮すべく、チャンスを待ちわびている有望株がズラリと顔を揃える。

「マルシャルやムヒタリアンは昨季はなかなか本来の実力を見せられなかったけど、今季は最高のスタートを切ったね。動きがとてもシャープだし、タフさも感じるよ」

群雄割拠を極めたプレミアリーグにおいて、彼らの奮闘はどのような形で報われるのか。名門の復権に心より期待したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ