モラタがイタリアの鉄壁守備陣を称賛 「ブッフォンはエイリアンだ」

スペイン代表のモラタ photo/Getty Images

かつてのチームメイトを警戒

今夏チェルシーへ移籍したFWアルバロ・モラタは、2日にスペイン代表の一員として2018ロシアワールドカップ欧州予選でイタリア代表と対戦する。イタリアにはジャンルイジ・ブッフォン、アンドレア・バルザッリらユヴェントスのDFがおり、モラタとはチームメイトとして戦った経験がある。

スペイン『El Pais』によると、モラタも彼らのことをリスペクトしており、ゴールを奪うのは難しいと考えているようだ。

まず今夏ユヴェントスからミランに移籍したDFレオナルド・ボヌッチについては、「ボヌッチはボールの扱いが非常に上手く、彼は最終ラインからゲームを組み立てられる。彼ならMFもできただろうし、完璧にやるだろうね」とコメント。

ベテランのバルザッリについては「彼はストライドが信じられないんだ。パワー、ポジショニングも良い」と語り、守護神のブッフォンのことも「彼はエイリアンだ。個人的には彼とカシージャスが歴史上最高のGKだと思っている」とコメントし、ゴールを奪うことの難しさを理解しているようだ。

また、今回は残念ながらジョルジョ・キエッリーニが負傷でイタリア代表を離脱してしまった。これはモラタにとっては好都合と考えることもできるはずで、モラタは「僕に最も問題を起こすもの?キエッリーニだよ。まさに檻に入っているゴリラから食事を盗まなければならないようなもの。1対1になってしまえば抜くのは不可能だ」と厄介さをアピールしている。

モラタにとってイタリア代表DF陣は厄介で、DF側もモラタのことを警戒しているはずだ。面白い駆け引きが見られそうだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ