チェンバレンは過大評価されている? 英紙が放出を嘆く必要なしと主張する4つの理由 

リヴァプールに移籍したチェンバレン photo/Getty Images

アーセナルからリヴァプールへ移籍

31日、リヴァプールはアーセナルからMFアレックス・オックスレイド・チェンバレンを獲得したことを発表した。アーセナルとしてはライバルクラブに選手を放出する形となり、サポーターの中には残念に思っている者もいるだろう。

しかし英『METRO』は、チェンバレンの放出を嘆く必要はないと主張している。その理由は4つある。まず1つは、アーセナル加入以降の6年間で思ったほど成長しなかったことだ。チェンバレンは10代のころから天才と呼ばれ、好調時にはとんでもないパフォーマンスを見せることもあった。しかし怪我も多く、アーセナル加入以降プレミアリーグで2ゴール以上奪ったシーズンが1度もないのだ。これはかなり寂しい数字だ。

2つ目はアーセナルにおいてもチェンバレンはファーストチョイスになりきれていなかったことだ。チェンバレンは期待の若手と言われたが、もう24歳。今季はウイングバックとして定位置を確保しようとしていたが、昨季まで絶対的なスターターではなかった。チェンバレンを失ったからといって大怪我にはならないと同メディアは考えている。

3つ目はリヴァプールが3500万ポンドの移籍金を支払ったことだ。チェンバレンは2011年にサウサンプトンからアーセナルに移籍したが、その際アーセナルが支払った移籍金は1200万ポンドとされている。その選手を3500万ポンドで手放したとなれば、それほど悪い話ではない。

そして4つ目はアーセナルに直接関係があるわけではないが、チェンバレンがリヴァプールでもファーストチョイスにならないだろうということだ。チェンバレンがセントラルMFでのプレイを好んだとしても、そこにはジョーダン・ヘンダーソン、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、エムレ・チャン、負傷離脱中のアダム・ララーナもいる。前線ではフィリペ・コウチーニョを欠いている現在でもロベルト・フィルミーノ、モハメド・サラー、サディオ・マネの3人が大暴れしている。ここにチェンバレンが割って入るのは簡単ではない。

チェンバレンは将来性ある優秀な選手との評判だったが、アーセナルサポーターは放出を嘆く必要はあるのか。同メディアは過大評価されている部分もあると感じているようだ。

記事一覧(新着順)

注目の動画記事

動画記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.192 フットボールを進化させる監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン! 業界屈指の執筆陣によるオリジナルコ ンテンツを毎月23 日に刊行しています。購読にはID登録が必要です。

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ