バルセロナ、ついにコウチーニョ獲得を断念

リヴァプールのファンを安心させることができるのか? photo/Getty Images

約211億円の入札も拒否

2013年1月よりリヴァプールに在籍しているフィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表)。今年1月に2022年までの新契約にサインし、同クラブやユルゲン・クロップ監督への愛着を口にしていたが、バルセロナが同選手の獲得に乗り出した途端に状況が一変。同選手が突如としてリヴァプール側にトランスファーリクエスト(移籍志願書)を提出したことが複数のメディアで報じられるなど、情報が錯綜していた。

移籍の気運が高まっていた同選手だが、リヴァプール側が再三にわたりバルセロナ側の入札を拒否。最新の1億4800万ポンド(約211億円)のオファーも拒絶されたことを受け、バルセロナ側が同選手の獲得を断念したことが1日付けの英『EXPRESS』で伝えられた。

コウチーニョ自身が公の場でコメントを発しなかったこともあり、情報が日増しに誇張された今回の騒動。31日に行われたロシアW杯南米予選(エクアドル戦)で得点を挙げるなど、復調ぶりをアピールした同選手だが、今後も自身のプレイでリヴァプールのサポーターを安心させたいところだ。
●theWORLDオフィシャルニュースサイトが、サクサク読めるアプリになりました!

iOS版はこちら
https://itunes.apple.com/us/app/theworld-%E3%82%B6-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89/id1322951988?mt=8/

Android版はこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.theworldmagazine.www&hl=ja

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.225 欧州4大リーグ展望:熾烈な戦いを制するのはどこだ
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ