バルサに忍び寄る“パニックタイム” 新たな獲得候補にエジルが浮上 トゥラン+金銭でオファーへ

アーセナルからの移籍が噂されるエジル photo/Getty Images

最後に契約を勝ち取るのは誰か

最終日、何かが起きるかもしれない。リヴァプールMFフィリペ・コウチーニョとの契約締結が難航しているスペインのバルセロナは、新たな代役候補へシフトチェンジしたようだ。

複数回にわたって100億円を優に超える莫大なオファーをリヴァプールへ提示してきたバルセロナだが、ユルゲン・クロップを含めたレッズ側の猛反発もあり、いまだにブラジル代表MFを手中に収めることができていない。マーケットの期限も着々と背後に迫り、もはや“パニックバイ”の時間帯へと突入しようとしている。

そして最後の有力候補に躍り出た名手こそ、アーセナルの天才司令塔メスト・エジルだ。スペイン紙『MUNDO DEPORTIVO』が報じた。曰く、バルサ側はアーセナルがMFアルダ・トゥランへ強い関心を示していることを利用し、金銭を絡めたトレードを視野に入れているようだ。

しなやかなボールタッチに圧巻のパスセンス、そして“元レアル・マドリード”というキャッチコピーは現在のバルセロニスタを魅了するには打ってつけの謳い文句となるだろう。また、エジルはクラブとの契約が最終年に突入しており、天文学的な移籍金を必要としないこともプラスに作用するはずだ。アーセナルはトゥラン獲得に際して2500万ユーロの支払いをする準備があり、残されたわずかな期限の中で両チームによる話し合いが行われることになる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ