[移籍]トッテナム、アルゼンチン期待の若手DFを獲得 憧れのチームで飛躍を誓う

憧れのクラブ、トッテナムで飛躍を遂げられるか photo/Getty Images

「チャンスを最大限に活かしたい」

トッテナムは30日、エストゥディアンテス(アルゼンチン)からU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイスを獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの5年間で、背番号は「21」となっている。

現在19歳のフォイスは、アルゼンチン代表の各年代でプレイ。今年5月に開催されたU-20W杯では、グループステージ敗退に追い込まれたものの、U-20アルゼンチン代表の一員として全3試合にフル出場していた。

一方、クラブではエストゥディアンテスの下部組織出身で、今年3月に19歳と2ヶ月でトップチームデビュー。将来の活躍が期待される若手DFとして、パリ・サンジェルマンなどいくつかのビッグクラブが興味を示していたが、主力DFカイル・ウォーカーを失ったトッテナムが争奪戦を制した。

そんなフォイスはクラブの公式サイトを通じて「僕はこのクラブが大好きだ。子供のころから、いつもこのチームを追い続けてきたからね。このチャンスを最大限に活かしたい。ここにいられることを非常に嬉しく思うよ」と喜びを語っている。

はたして、フォイスは自身初の欧州挑戦で、そして憧れのチームで飛躍を遂げることができるのか。まずは新天地で定位置を確保したいところだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ