チェンバレンが合意間近のチェルシー移籍を拒否 理由は起用法にあり

移籍が噂されるチェンバレン photo/Getty Images

ウイングバックでさらに開花も

チェルシー行きが噂されているアーセナルのアレックス・オックスレイド・チェンバレンだが、ここにきて本人が“ある理由”で禁断の移籍を拒否しているという。

28日にチェルシーはチェンバレン獲得に移籍金4000万ポンド(約56億円)で、アーセナルと合意したと、英『sky SPORTS』などに報じられていた。しかし、29日に英『BBC』は、チェンバレンはチェルシー移籍を拒否し、リヴァプール行きを望んでいると報じている。その理由として、プレイする希望ポジションが関係しているようだ。

チェンバレンは現在アーセナルでウイングバックとしてプレイしているが、本人は中央でのプレイを望んでいるという。そのため、同選手を右ウイングバックとして獲得を試みているチェルシーへの移籍を拒んだようだ。また、英『METRO』は、ユルゲン・クロップ監督であれば、同選手を上手く使いこなせるのではないかと見ている。

ウイングバックで才能をさらに開花させたと思われたチェンバレンだが、本人の考えは全く違ったようだ。移籍市場はもう間もなく閉まるため、決断が早急に迫られている。アーセナル側としても同選手との契約が残り1年のため、売却するのであれば今夏中に済ませたいだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ