やはりアーセナルから最多の4人選出 英メディアがプレミア第3節ワーストイレブン紹介

リヴァプールに大敗したアーセナル photo/Getty Images

リヴァプールに悪夢の0-4

プレミアリーグ第3節は、アーセナルにとっては悪夢だった。敵地でのリヴァプール戦を0-4で落としてしまい、この結果にはサポーターや解説者からも批判が相次いでいる。

英『Squawka』は第3節のワーストイレブンを紹介しているが、やはりそこでもアーセナルから最も多い4選手が選ばれている。

最終ラインではデュエルの勝率が25%だったナチョ・モンレアル、前線へ蹴ろうとしたボールをモハメド・サラーに奪われ、決定的な3点目を許すきっかけとなったエクトル・ベジェリンの2人が選出。4失点したアーセナルの最終ラインから良かった選手を探すのは難しく、この選出も仕方がないだろう。

残る2人はボランチコンビだ。グラニト・ジャカ、アーロン・ラムジーの2人が選ばれており、攻守両面において中盤をコントロールすることができなかった。中央に構えるボランチが仕事をこなせなければチームが苦しくなるのも仕方がない。

その他はニューカッスルに3失点を喫して敗れたウェストハムからGKジョー・ハート、DFアンジェロ・オグボンナ、FWアンドレ・アイェウ、クリスタル・パレスDFマーティン・ケリー、トッテナムDFキーラン・トリッピアー、エヴァートンFWサンドロ・ラミレス、WBAのFWサロモン・ロンドンが選ばれている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ